薬を飲まなかった時の話(暗い話注意)
おはようございます。
AYAKAです。

おととい、放送大学のテストが終わり、ほっとしています。
そのせいか、昨日は気分が良くて、お菓子作りまでしてしまいました!
(独特な味のお菓子が出来上がりました…。)


…気分!!不思議なものです。

私は、今も昔も、気分の波を抑える薬を飲んでいます。

今日は3年前の今頃から始まる話です。


脳炎の時の話は読んで頂けたでしょうか?
脳炎は完治しました。
後遺症もありません。
7月下旬に退院しました。

毎日、感謝でいっぱいで、うきうきとした気持ちでした。
とても、心まで、生まれ変わったような調子の良さだったのです。

私はそこで、もう心療内科に行く必要はないと考えました。
…薬を飲むのをやめました。
夏はとても楽しかったです。
ハイテンション!!です。

秋が近づいたころ、私はお世話になっている方二人から、日本の国が抱えている問題を聞きました。
一人からは、原発とエネルギーの事について。
もう一人からは、周辺国との歴史認識の問題について。
メディアは真実を報道しないと。
断っておきますが、お二人はゆっくりと、論理的に、決して押し付けることなく、「話していただけ」です。
むしろ、もっと教えて下さいと言ったのは私です。

私は、自分の命が助かった事を何か役に立てなければ、と思ったのだと思います。
しかし、ハイテンションはおかしな方向に作用しました。
私は、日本の国が抱える問題について、インターネットで夜寝ずに調べだしたのです。
私は真面目な調べものをしたことがありませんでした。
なので、調べても全然分かりません。
当然、朝起きられなくなりました。
この状態が何日か続きました。

そして母に怒られた時、私は逆上しました。
何で!日本のために。地球のために。みんなのために、やってたのに、と。
そのあと、ふっと一旦力が抜けて、言いようのない悲しみと破壊衝動がやってきました。
全て壊してしまいたい。正しすぎる母も、ばかな自分も。
ずっと何日も涙がとまらず、どうしようもありませんでした。


ハイテンション→暴走&爆発→悲しみのドン底。
以上、「薬を飲まなかった時の話」でした。

続きの話は、なるべく近いうちアップします056.gif
[PR]
by ayaka-zunda | 2015-08-04 08:00 | 2015年投稿
<< 自分を知ることの大切さ 金曜日 >>